火災保険

火災保険とは?

火災保険とは?

火災保険は
建物や建物内収容の家財道具が、
1.火事で燃えてしまった
2.台風により、屋根の瓦が飛散した
3.大雨により、近くの下水管がオーバーフローとなり、床上浸水となった
4.建物内でテレビを倒してしまい、床が凹み、テレビも破損した
などの事故による損害を補償する保険です。

ただし、火災保険だけでは、地震、噴火またはこれらによる津波を原因とする損害は補償されません。これらを補償する場合は、火災保険に地震保険をセットすることが必要です。

火災保険を選ぶ際に決めなければならないこと

保険価値と保険金額
保険価額とは、建物や家財道具を金銭に見積もったものです。
保険価額の算出基準は、2つあります。
 ①「時価」…使用による経年減価を差し引いた額
 ②「新価(再調達価額)」…新たに同じモノを購入する額


現在の火災保険では、「新価(再調達価額)」基準が一般的です。

保険金額とは、保険価額に基づき、その範囲内で任意にお客様が設定可能であり同時に事故発生時の保険会社による支払限度額となります。通常は、保険価額と保険金額を完全一致させる必要があります。

保険期間を決める
契約期間は1年から10年まで選択することができます。

長期系契約の2年から10年にした場合、契約年数にごとに割引率が適用される「長期割引」があります。

地震保険の加入の有無を決めましょう

火災保険では、地震・噴火・津波による火災損害(地震等により延焼・拡大した損害を含みます)は補償されません。
地震保険は火災保険では補償されない地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする
火災・損壊・埋没または流失による損害を補償する地震災害専用の保険です。

地震保険は、火災保険に付帯する方式での契約となりますので、
火災保険への加入が前提となります。
地震保険は火災保険とセットでご契約ください。
すでに火災保険を契約されている方は、契約期間の中途からでも地震保険に加入できます。

火災保険のみでは、地震等を原因とする損害は補償の対象にはなりませんのでご注意ください。

自分にあった火災保険を選ぶには

パソコンやスマホがあれば簡単に保険について調べられる時代です。
ただ、多くの情報のなかから自分にあった保険を自信を持って選べるという方は決して多くないのではないでしょうか。
むしろ自分で調べた結果、結論が出せなかったという方が大半だと思います。

かがやき総合保険企画は、いつでも簡単に調べられる時代だからこそ、対面によるコミュニケーションの価値が高まっていると考えています。

火災保険で言えば代理店型(対面型)、ダイレクト型(通販型)それぞれ取扱いをしておりますので、 店頭で実際に比較することも可能です。
かえってその方が効率良く保険選びができるのかもしれません。

保険のプロがお客様のお悩み・ご要望にフェイストゥーフェイスでお応えします。
火災保険もかがやき総合保険企画で!もちろんご予約も可能です。

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談は無料です。相談はこちら。
お急ぎの方はお電話ください。tel:0120-610-210 受付:月~金曜日(平日)9:00~18:00
お問い合わせ・ご相談は無料です。相談はこちら。
お急ぎの方はお電話ください。tel:0120-610-210 受付:月~金曜日(平日)9:00~18:00

ページ上部へ