生命保険

生命保険とは?

生命保険とは?

生命保険は
保険のなかで生死や病気、ケガなど人にかかわる保険です。
もし万が一、病気やケガ、盗難、火事などが現実に起こってしまっても、
お金の面で困らないよう備えておくことが大事です。

生命保険の種類

生命保険は定期保険、養老保険、終身保険の3つがあります。

①定期保険
〈特長〉
一定期間を保障するもの
〈メリット〉
終身、養老に比べて保険料が安い
〈デメリット〉
解約払戻金が少ない
満期時の解約払戻金は「0」
保険料は契約時の年齢が高いほど高額


②養老保険
〈特長〉
一定期間を保障するもので無事期間終了した場合に満期金を受け取れる
〈メリット〉
死亡時のほかに、無事満期の場合も同額の保険金が受け取れる
〈デメリット〉
保険料が一番高額


③終身保険
〈特長〉
一生涯を通じて保障が継続される(支払期間は任意)
〈メリット〉
一生涯保障
保険料が一定
保険料の支払期間を決めると、一定期間後の解約返戻金が支払額と同等になる
〈デメリット〉
保険料が高額



それぞれ一長一短がありますので、目的にあわせてこれらを選択したり組み合わせたりしながら、適切な保険を検討していくことが必要です。

保険加入のタイミングとポイント

時間の経過やライフイベントによって必要な保障は異なります。
保険加入のタイミングとポイントを把握して、最適な保険選びに役立てましょう。


就職したとき
貯蓄がない場合には、病気やケガに備えて医療保障のある保険を検討しましょう。
親が加入してくれた死亡保障があればその内容と医療保障とのバランスを見て、
死亡保障の内容が大きすぎないかをチェック。


結婚したとき
ご夫婦どちらかの収入に頼っている場合、死亡保障額を厚めにした生命保険を検討しましょう。
貯蓄がない場合には、夫婦で病気やケガに備えた医療保険も検討しましょう。


こどもが生まれたとき
成人まで夫・妻に万が一のことがあった場合の養育費・教育費を保障できる保険を検討しましょう。
こどもの成長や進路に合わせた教育費を準備できるかチェック。


定年退職したとき
60歳/65歳満期などで保障が切れる保険を契約している場合、
満期以降の備えができているかをチェックしましょう。
万が一のときのために、葬儀関連費用や配偶者の生活費となる資金を確保できる死亡保障を検討しましょう。



ライフイベントはほとんどの人に当てはまるもの。
将来そのときになってから焦らないように、事前に保険加入を検討しておくことが大切です。

自分にあった生命保険を選ぶには

パソコンやスマホがあれば簡単に保険について調べられる時代です。
ただ、多くの情報のなかから自分にあった保険を自信を持って選べるという方は決して多くないのではないでしょうか。
むしろ自分で調べた結果、結論が出せなかったという方が大半だと思います。

かがやき総合保険企画は、いつでも簡単に調べられる時代だからこそ、対面によるコミュニケーションの価値が高まっていると考えています。

生命保険で言えば代理店型(対面型)、ダイレクト型(通販型)それぞれ取扱いをしておりますので、 店頭で実際に比較することも可能です。
かえってその方が効率良く保険選びができるのかもしれません。

保険のプロがお客様のお悩み・ご要望にフェイストゥーフェイスでお応えします。
生命保険もかがやき総合保険企画で!もちろんご予約も可能です。

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談は無料です。相談はこちら。
お急ぎの方はお電話ください。tel:0120-610-210 受付:月~金曜日(平日)9:00~18:00
お問い合わせ・ご相談は無料です。相談はこちら。
お急ぎの方はお電話ください。tel:0120-610-210 受付:月~金曜日(平日)9:00~18:00

ページ上部へ